ウェブページリニューアルのお知らせ

この度、当サイトでは、ホームページをリニューアルさせていただきました。
リニューアルにあたり、トップページアドレス(http://www.syomei.com)に変更はございませんが、サブページのアドレスが一部変更となっています。各ページをブックマークに登録されている方は、お手数をおかけ致しますが変更をお願い致します。今回は、スマートフォン等のモバイル端末に対応させて頂きました。お持ちのスマートフォンからでもお気軽にアクセスいただけます。
今後とも、わかりやすいページとなるよう、充実を図るとともに、よりいいサービスを提供してまいりますので、どうぞ宜しくお願い申しあげます。

ゴールデンウィーク営業のお知らせ

署名ドットコムではゴールデンウィークを下記のとおり休業とさせて頂きますので、ご案内申し上げます。何かとご迷惑をお掛けすることと存じますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

ゴールデンウィーク休業期間: 2016年5月3日(火)~2016年5月5日(金)まで

休業期間中にご注文は通常通り受け付けておりますが、お問い合わせなどに関してはメール応対のみ、また郵便物送付は5月6日(土)以降とさせていただきます。お急ぎの場合など、臨機応変に対応させていただきますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

取引は印鑑不要で 三井住友銀、サインでOKに

三井住友銀行は、個人顧客がサインで本人確認できるサービスを2016年度、国内の支店に導入する計画だ。口座開設や住所変更など各種手続きで印鑑が一切不要になるといい、「顧客利便性の向上が図れる」という。

【サインで認証する取引のイメージ】
l_sk_smbc_02
l_sk_smbc_01

事前に顧客の手書きサインを専用端末から入力してもらい、登録しておく。取引の際は顧客が専用端末にサインを入力し、登録データと筆運び(距離や方向、筆圧など)を照合することで、本人が書いたサインだと確認する仕組みだ。

印鑑を店舗に持参する必要がなく、盗難リスクもないなど、顧客に便利かつ安全なサービスを提供できるとしている。通帳を発行せず、Webから確認できる「Web通帳サービス」を併用すれば、通帳と印鑑なしで銀行取引できるようになる。

導入は、日本総合研究所とNECがシステム全体の設計と構築を担当。NTTデータはサイン認証エンジン「SignID」と入力用端末を提供する。

Yahoo経済ニュースより

アンケート

1.「マイサイン」についての印象・イメージについてをお訊ねします。

サインを使うのは、正直に言って著名人といった一部の人が使う印象がありました。

日本では名前を書くことについて、読みやすさを求める気がして、使用に関してどの場面で使用したらよいのか分からず、違和感を感じるというのは正直な感想です。

「マイサイン」を作成していただく前は、著名人でもない私がサインを書くことは、あまり想像できませんでした。

きれいなサインが書けたら、自分に自信が持てる気がしますし、周りの人から一目置かれる気がします。

私は、字が下手なので、きれいなサインを書くことは難しいと思いました。これから、練習を積んでスムーズなサインがかけるようにしたいと思います。

これからは、自分のサインを持ったので、いろいろな場面でできるだけ活用していきたいと思います。

2.発注、依頼のきっかけについてお訊ねします。

発注のきっかけとしては、自分の書く名前の字が上手くなく、いつも妻から独特の字だねと茶化されていましたので、皆に自慢のできる「マイサイン」を一生物として欲しいと思って、自ら作成の依頼をしました。

署名ドットコムを知ったのは、ネットで検索して内容をみたところ教材などいろいろな特典があるために利用させていただきました。

「マイサイン」の価格については、お高いイメージを持ちましたが、これから一生使い続けられると思うと作成の依頼する踏ん切りがつきました。

実際に依頼してみようと思った一番のきっかけは、自分の個性を生かして、せめて自分の名前をきれいに自信を持って書きたいと思ったからです。

3.はじめに出来上がったあなたの「マイサイン」を見た時の印象について伺います。

出来上がってきた「マイサイン」を見たときの印象については、芸能人のサインとは少し違うイメージであり、物足りないと始め思いましたが、一般人が使うものとしては、崩し具合も適当で良いと思いました。

6種類のパターンを作成いただきましたので、使用するの場面考えて自分の物にしていきたいと思います。

また、「マイサイン」を持ったことで、これから署名をすることが楽しく、また、自信が持てると思います。

実際に使用していきたいのは、クレジットカード、パスポートの署名、はがきや封筒の差出名、職場の回覧物などの署名に使用するなど、これから使用の場面をどんどん増やしていきたいです。

普段の印鑑を使用する生活・仕事においては、印鑑を使用する方がまだ早くて便利な気がしますが、これから慣れてくれば、便利になる気がしますし、印鑑を持ち合わせていないときには威力を発揮するのではないかと感じています。

生活や仕事の中でで実際に役立ったと感じているのは、封筒の差出名として、現在、頻繁に使っており満足しています。

4.その他感じられることがありましたらお知らせください。

今回、出来上がったサインを妻に見せたところ良いねと言われ、妻にもサインをプレゼントしました。

「マイサイン」を作成して頂いて間もないので、まだ、書き慣れてなく、アレンジをするまでに至っておりませんが、これから書き慣れることにより、自然と自分なりの個性が出てくると思うし、アレンジもできると期待しています。

今まで苦手な字を書くという行為として自分の名前を書いていましたが、サインは、字を書くこととは別物(絵や記号を描くような感覚)の気がしています。まだ、サインを書く行為がぎこちないですが、たまにスムーズに描けたときは爽快な気分になります。

今後、いろいろな場面でサインを使用し、自分のサインを構築していきたいと思います。

この度は、ありがとうございました。

冨澤