年末年始における 営業時間のご案内

平素は弊社サービスをご利用いただき誠にありがとうございます。

署名ドットコム(株式会社署名ドットコム運営)、年末年始の営業につきましてお知らせいたします。
なお、インターネットでのご注文は、年中無休24時間可能です。また休業中にいただきましたご注文は、通常通り対応させていただきます。

12.28(水曜)  電話応対〇  メール応対〇
12.29(木曜)  電話応対〇  メール応対〇
12.30(金曜)  電話応対〇  メール応対〇
12.31(土曜)  電話応対X  メール応対〇
1.1(日曜)    電話応対X  メール応対X
1.2(月曜)    電話応対X  メール応対〇
1.3(火曜)    電話応対〇  メール応対〇

※2017年1月3日(火)から平常どおり営業いたします。

ウェブページリニューアルのお知らせ

この度、当サイトでは、ホームページをリニューアルさせていただきました。
リニューアルにあたり、トップページアドレス(http://www.syomei.com)に変更はございませんが、サブページのアドレスが一部変更となっています。各ページをブックマークに登録されている方は、お手数をおかけ致しますが変更をお願い致します。今回は、スマートフォン等のモバイル端末に対応させて頂きました。お持ちのスマートフォンからでもお気軽にアクセスいただけます。
今後とも、わかりやすいページとなるよう、充実を図るとともに、よりいいサービスを提供してまいりますので、どうぞ宜しくお願い申しあげます。

ゴールデンウィーク営業のお知らせ

署名ドットコムではゴールデンウィークを下記のとおり休業とさせて頂きますので、ご案内申し上げます。何かとご迷惑をお掛けすることと存じますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

ゴールデンウィーク休業期間: 2016年5月3日(火)~2016年5月5日(金)まで

休業期間中にご注文は通常通り受け付けておりますが、お問い合わせなどに関してはメール応対のみ、また郵便物送付は5月6日(土)以降とさせていただきます。お急ぎの場合など、臨機応変に対応させていただきますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

取引は印鑑不要で 三井住友銀、サインでOKに

三井住友銀行は、個人顧客がサインで本人確認できるサービスを2016年度、国内の支店に導入する計画だ。口座開設や住所変更など各種手続きで印鑑が一切不要になるといい、「顧客利便性の向上が図れる」という。

【サインで認証する取引のイメージ】
l_sk_smbc_02
l_sk_smbc_01

事前に顧客の手書きサインを専用端末から入力してもらい、登録しておく。取引の際は顧客が専用端末にサインを入力し、登録データと筆運び(距離や方向、筆圧など)を照合することで、本人が書いたサインだと確認する仕組みだ。

印鑑を店舗に持参する必要がなく、盗難リスクもないなど、顧客に便利かつ安全なサービスを提供できるとしている。通帳を発行せず、Webから確認できる「Web通帳サービス」を併用すれば、通帳と印鑑なしで銀行取引できるようになる。

導入は、日本総合研究所とNECがシステム全体の設計と構築を担当。NTTデータはサイン認証エンジン「SignID」と入力用端末を提供する。

Yahoo経済ニュースより